【中日】岩瀬、20日ぶり1軍「普通の気持ち」…右肩負傷のゲレーロはスタメン落ち

2017年9月10日14時42分  スポーツ報知
  • 岩瀬

 ◆中日―広島(10日・ナゴヤドーム)

 来季の現役続行を目指して2軍で調整していた中日・岩瀬仁紀投手(42)が、20日ぶりに1軍選手登録された。普段通りに試合前の練習をこなすと「やることをしっかりやる、ということ。(気持ち?)普通の気持ちです」と自然体を強調した。

 岩瀬は8月20日の阪神戦(ナゴヤドーム)で2試合連続黒星となる自己最多の6敗目を喫し、試合後に森監督のいる監督室を訪れて降格を志願した。翌21日に登録を抹消され、22日からナゴヤ球場で調整。今月7日から1軍練習に合流していた。

 代わって9日の同カードで左肩痛を再発した福敬登投手(25)が登録を抹消された。

 また、9日の試合で空振りした際に投球を右肩に受けて負傷交代したアレックス・ゲレーロ内野手(30)は、この日の先発メンバーから外れた。試合前のウォーミングアップにも参加せず、「まだ痛い。(きょうの出場?)ノーチャンスだ」と顔をしかめていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ