【阪神】掛布2軍監督、ラスト采配は甲子園

2017年9月12日6時0分  スポーツ報知
  • 掛布2軍監督

 阪神・掛布雅之2軍監督(62)のラスト采配の舞台が、2軍本拠地の鳴尾浜から甲子園へと移されることが11日、分かった。 ウエスタン公式戦の今季ラスト2試合、27、28日の広島戦の球場を変更することで球団が調整に入った。四藤球団社長は「できるだけたくさんのファンの人に見に来ていただけるように」と説明。収容人員500人の鳴尾浜で最終戦となれば、警備上の不安もあった。

 掛布2軍監督は「ありがたいことではありますけど、複雑な思いもありました。甲子園というのは1軍の戦う舞台であり、私は2年間戦った鳴尾浜で終えるのがふさわしいのではと考えたのです。最後は一人でも多くのファンとともに選手を見守れれば、こんなにありがたいことはありません」とのコメントを寄せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ