【オリックス】ドラ4山本、球団39年ぶり高卒新人2勝目はお預け

2017年9月13日6時30分  スポーツ報知

 ◆ロッテ7―5オリックス(12日・ZOZOマリン)

 オリックスのドラフト4位の山本が、勝利投手の権利が目前の5回2死に逆転されて降板。球団では1978年三浦広之以来39年ぶりとなる「高卒新人2勝」はお預けとなった。

 登板3試合目で最多の4失点に「出してはいけないところで四球。この反省を生かさないと」と悔やんだ。だが、福良監督は「ボール自体、全く問題なかった」と評価を下げず、一度登録を抹消し、26日の日本ハム戦(京セラD)で登板させる予定だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ