【阪神】藤浪、1軍復帰後の全4試合で5死球 2軍での再調整濃厚

2017年9月13日6時30分  スポーツ報知
  • 4回無死、坂本勇に死球を与えた藤浪

 ◆阪神5―5巨人=延長12回=(12日・甲子園)

 阪神・藤浪の悪癖がまたも顔を出した。4点リードの4回。先頭・坂本勇への初球がすっぽ抜け、左肩付近を直撃した。続く阿部は打ち取ったが、村田にはストレートの四球。1死一、二塁から亀井、長野に連続適時打を浴びて降板した。3回1/3を4安打4失点で、5月4日・ヤクルト戦(神宮)以来の4勝目を奪えなかった。

 「感じとしては悪くなかった。それだけに、もどかしい。ボールも指に掛かっているし、ボールが1、2個甘く入った。そこだけです」と、本人は“死球病”を否定した。だが、金本監督は「やっぱり、ぶつけてからですね。あそこから腕が振れなくなった」と厳しい表情。2軍での再調整が濃厚となった。

 5月27日に登録を抹消され約3か月間、制球難の克服に取り組んだが、1軍復帰後の全4試合で計5死球。2軍落ちして、復調できなければ、CSでの登板チャンスも失う可能性が高い。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ