【DeNA】9連勝中の広島に快勝 連敗4で止めた

2017年9月13日6時0分  スポーツ報知
  • マウンド付近でハイタッチを交わす(右から)嶺井、山崎康らDeNAナイン

 ◆広島1―3DeNA(12日・マツダスタジアム)

 どっちが首位か分からない。DeNAは投打がかみ合って、9連勝中だった広島に快勝。今季ワーストタイだった連敗を4で止め、リーグ連覇目前の相手に今月初黒星をつけた。「先に点を取って、主導権を握れたことがよかった」とラミレス監督。プロ野球タイ記録の3試合連続サヨナラ勝ちだった前回対戦に続いて、広島には4連勝だ。

 連敗ストッパーはウィーランドだ。田中、菊池の1、2番コンビから計5三振を奪うなど、6回1失点。5連勝で8勝目を挙げ、「もう一度勝つ流れを作りたいと思っていた」と胸を張った。

 救援陣も田中健、エスコバー、山崎康が1回ずつ無失点リレー。試合前のミーティングで、ラミレス監督が「一人一人の打者に、真剣に、見下すことなく投げろ」とゲキ。その言葉どおり、9連勝中、6度の逆転勝ちを記録していた相手に反撃のチャンスを与えなかった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ