【中日】白井オーナー、ゲレーロ引き留め大号令「手放さないよ!」

2017年9月13日19時8分  スポーツ報知
  • 12日のヤクルト戦で右足に死球を受け、表情をゆがめたゲレーロ

 中日の白井文吾オーナー(89)が単年契約のゲレーロの引き留めに大号令をかけた。都内でオーナー会議後、本塁打王争いトップを走る助っ人について問われ「ゲレーロは手放さないよ!」と語気を強め、球団フロントに全力で残留交渉を進めるよう命じた。

 ゲレーロは昨オフ、推定年俸150万ドル(約1億5000万円)の1年契約で入団した。ただし、昨年解雇されたドジャースと4年総額2800万ドルの契約を締結しており、今季がその契約最終年。そのため、ド軍から推定700万ドル(約7億円)から、中日の支払い分を差し引いた推定550万ドル(約5億5000万円)が支払われているとされる。

 白井オーナーが「頑張っておカネを出すほどのゆとりはない」と言うように、唯一にして最大のネックは予算面。ゲレーロ側は、キューバの盟友・デスパイネ(ソフトバンク)と同条件の単年4億円前後を希望するとみられる。さらに昨オフ、ゲレーロの獲得競争に敗れた阪神など複数球団が争奪戦に参入する可能性もある。果たして竜の総帥の思惑通りに事は運ぶのか…。

 ◆白井オーナーに聞く

 ―シーズン終了後の補強に関わる予算は。

 「どれくらいカネがかかるか俺は聞いてないんだ。頑張っておカネを出すほどのゆとりはないからね」

 ―ゲレーロが本塁打王を獲りそうな…

 「(記者の質問が終わるのを待たず)ゲレーロか! ゲレーロは手放さないよ!」

 ―ゲレーロ慰留の予算は? 

 「それは、いわく言い難し(簡単には説明できない)、でね。彼だっていい球団に残りたいと思うでしょ」

 (続けて冗談めかして)

 「ドラゴンズってのは外から見ても、いい球団らしいな。大事にしてもらえる。働いておれば、みんなが褒めてくれる。そういう点では外国から来た人にとっては大変居心地が良い球団のようだな」

 ―残留させる自信は? 

 「私は交渉したことがありませんけど、当然、残るもんだという前提でやっとるからね」

 (問わず語りで)

 「(来季は)何か、すごくなりそうな予感がするだろ。良くしなくちゃ成績向上しないもんな。ハッハッハ。来季に乞うご期待を!」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)