【西武】中村、初対戦の楽天・藤平に3打席目できっちり対応 逆転3ランで楽天戦9連勝

2017年9月13日22時34分  スポーツ報知
  • ヒーローインタビューを受けた中村は右翼席のファンに手を振った

 ◆楽天3―7西武(13日・コボパーク宮城)

 2位・西武が、3位・楽天との直接対決で中村剛也内野手(34)の逆転3ランなどで7点を奪って快勝。ゲーム差を2・5に広げ、楽天戦の連勝は9に伸ばした。

 プロ16年目の中村が、ベテランのすごみを見せつけた。ルーキー相手にやられっぱなしではいられなかった。2点を追う6回1死一、二塁。カウント2―2から、楽天先発・藤平の抜けたフォークを逃さない。少しこすったような当たりだったが、それでも打球は左翼フェンスをギリギリ越えた。2試合連続の逆転26号3ランだ。

 初対戦の藤平の前に、第1、2打席はそれぞれ遊ゴロ併殺、投ゴロに倒れたが、3打席目できっちりと修正するのがベテランのすごさ。「なんとか走者を返そうと思っていた。完璧な当たりじゃなかったけど、入ってくれた。思ったより飛びました」。16歳差対決は34歳のベテランに軍配が上がった。

 チームはこの日から再着用した「炎獅子ユニホーム」で11安打7得点を奪い快勝。着用試合の通算成績は21勝4敗となった。辻監督は「あれは大きかったね。1番いいところで打ってくれた」と主砲の一発をたたえた。

 直接対決の第1ラウンドを制し、本拠地でのクライマックスシリーズ(CS)開催へ一歩前進。ヒーローも「勝ち方的にもビハインドの場面から逆転できたし、投手も粘り強く投げていて、いい勝ち方だったと思う」とうなずいた。14日はエース・菊池が先発。獅子軍団が一体になって勝ちにいく。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ