【オリックス】マレーロ3打席連発でバンデン攻略「アシタモ ガンバロウ!」

2017年9月13日22時57分  スポーツ報知
  • 6回無死、左中間へ3打席連発となる本塁打を放ち、中村コーチ(左)と笑顔でハイタッチするマレーロ(カメラ・岩下 翔太)

 ◆ソフトバンク2―5オリックス(13日・福岡ヤフオクドーム)

  オリックスのクリス・マレーロ外野手(29)が、ここまで先発した試合は10連敗中だったソフトバンクのバンデンハークを攻略した。先頭で迎えた2回「バンデンハーク投手は素晴らしいので、初球から甘い球が来たら打っていこう」と初球の151キロの直球を左翼席へ運んだ。14戦ぶりのアーチで勢いがついた助っ人は、4回無死二塁での第2打席ではカーブを左中間のテラス席へ、6回の第3打席ではスライダーを左中間席へ運んだ。

 第4打席では「チャンスがあれば打ちたかったけどね」と日本タイ記録の4打席連続アーチに挑んだが、惜しくも二飛に倒れた。試合後のお立ち台では「アリガトウゴザイマス」や「アシタモ ガンバロウ!」と流暢な日本語も披露。バスに向かう途中では、ロメロがそれを真似て「アシタモ ガンバロウ!」と笑って繰り返した。チームで愛されている助っ人は「どんな勝ちでもチームにとっては大事。ひとつひとつ勝っていくのが大事になるね」とシーズン残り18試合を見据えた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)