【広島】連覇の経済効果は県内だけで400億円…昨年比70億円の大幅増の根拠は?

2017年9月14日7時0分  スポーツ報知
  • 初回6点の猛攻に大盛り上がりの広島ファン(カメラ・渡辺 了文)

 ◆広島12―4DeNA(13日・マツダスタジアム)

 広島がリーグ連覇に王手をかけた。DeNAに2点を先取されたが、1回と6回に集中打でともに6得点。12―4で圧勝し、2位・阪神が敗れて、優勝へのマジックは「2」となった。14日に広島が勝ち、阪神が敗れると、37年ぶりの2連覇が決まり、2009年に新設されたマツダスタジアムでは初の胴上げとなる。

 広島がリーグ連覇を達成した場合の経済効果が、広島県内で400億8382万円に上るとの試算を関大の宮本勝浩名誉教授がまとめて、13日に発表した。同教授は昨季、広島の25年ぶりのリーグ優勝を前に、経済効果が331億円とはじき出した。約70億円の大幅増加について「観客が昨年より増加」「女子のカープファンが年々増加している」などのほか、今回は20歳以上のファンの飲酒で約30億円を加えたことによると説明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ