【阪神】10年連続巨人戦勝ち越しなし…先発・岩田が2回一挙6失点で今季初黒星 

2017年9月14日6時30分  スポーツ報知
  • 2回に6点を取られ、肩を落としベンチに戻る岩田

 ◆阪神2―7巨人(13日・甲子園)

 今季巨人戦初登板の阪神・岩田が2回に一挙6失点。「ゲームを作ることができませんでした」。3回8安打6失点で今季初黒星を喫し、チームの連勝も1分けを挟み3で止まった。

 10年連続で巨人戦の勝ち越しはなくなり、金本監督は「普通にやれば、ズバ抜けているチーム」と力の差を認めるしかなかった。CSに向けてチームには暗雲が立ちこめ、打開策を問われた指揮官は「何したらいい? 教えてよ」と厳しい表情だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ