プチ鹿島、夏の甲子園「タオル回し問題」に斬り込む!加藤デスク参戦!

2017年9月14日17時45分  スポーツ報知
  • TBSラジオで共演するプチ鹿島氏(左)と本紙・加藤デスク

 「時事芸人」として人気のプチ鹿島(47)がパーソナリティーを務めるラジオ番組「プチ鹿島のスポーツ紙大将」が15日午後8時からTBSラジオにて生放送でオンエアされる。

 スポーツ紙や一般紙、タブロイド紙の「読み比べ」をライフワークとし、著書「芸人式新聞の読み方」(幻冬舎)や「プロレスを見れば世の中がわかる」(宝島社新書)などが好評を博する鹿島が、スポーツ界の旬の話題について独自の「見立て」を語る2時間だ。

 番組では今シーズンのプロ野球の話題や、夏の甲子園で議論を巻き起こした「タオル回し問題」に斬り込むほか、「思い出の乱闘」についても特集。リスナーからのメールを紹介しながら、懐かしの乱闘シーンについても熱トークが展開されることになりそうだ。

 タイトルからは、昭和のテレビ朝日の人気番組「ビートたけしのスポーツ大将」へのオマージュも感じられるこの特番。ピン芸人のBBゴロー氏(45)やチャンス大城氏(42)がゲスト出演するほか、コメンテーターとしてスポーツ報知の野球デスク・加藤弘士(43)も参戦する。PK氏による独自の見解と、スポーツ報道の現場の空気を「答え合わせ」しながら、事象をさらに深読みしていく。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ