【ヤクルト】ライアン、右肘の張りで17日に登録抹消の見込み 今季絶望の可能性も

2017年9月16日19時8分  スポーツ報知
  • 4回無死、新井にソロ本塁打を浴びた小川

 ◆広島4―5ヤクルト(16日・マツダスタジアム)

 ヤクルト・小川泰弘投手(27)が、4回の投球後に右肘の張りを申し出て降板。17日に登録抹消となる見込みで、この日が今季最終登板だった可能性も出てきた。

 2回まで24球で無失点と抜群の立ち上がりだった右腕。しかし、球が浮き始めた3回に丸の2点適時打で先制を許すと、4回には先頭の新井にソロ本塁打を被弾するなど2失点。ベンチに戻り、首脳陣に患部の違和感を訴えた。「4回が(張りが)強かった。球も浮いていましたし。(今まで)何とかカバーしながらやっていたんですけど…」。先発では今季最短の4回7安打4失点でマウンドを降りた。

 17日に登録抹消となる見通し。伊藤投手コーチは「何ともないことはないと思う。原因を究明することが先」と説明。今後は状態を見て判断し、病院に行く可能性もある。チームは残り10試合。2年ぶりの2ケタ勝利は絶望的となった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ