【オリックス】連敗ストップ…福良監督「バッテリーの勝利でしょう」

2017年9月17日19時2分  スポーツ報知
  • オリックス先発の松葉

 ◆日本ハム2―4オリックス=延長10回=(17日・札幌ドーム)

 オリックスが延長戦を制し、連敗を2でストップさせた。

 福良淳一監督(57)が、称えたのは投手陣だ。先発の松葉は初回にいきなり3連打を浴びるなど2失点。しかし2回以降は「テンポを意識させたのが良かった」(捕手・山崎勝)と、見違えるような投球で6回まで無安打に抑えた。7月1日以来の白星はてにできなかったが「2回以降は自分らしい良い投球ができた。(山崎)勝己さんがいいところを引き出してくれた」と充実した表情を浮かべた。

 後を継いだ比嘉、近藤、平野、ヘルメンも無失点でリレーをつなぎ、延長10回のロメロの勝ち越し2ランを呼び込んだ。指揮官は「投手陣が全員頑張りましたね。今日はバッテリーの勝利でしょう」と目を細めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)