【阪神】四藤社長、早実・清宮の1位指名を正式表明

2017年9月22日14時50分  スポーツ報知
  • 阪神・四藤慶一郎球団社長

 早実・清宮幸太郎内野手(3年)がプロ志望届を提出することを決めたことを受け、阪神の四藤慶一郎球団社長(56)が22日、兵庫・西宮市内の球団事務所で報道陣に対応。「一応、既定の方針なんで。クジ引きになりますが、是非とも1位で指名させてもらう」とドラフト1位指名することを正式に表明した。

 球団はここまで3年連続で野手を1位指名しているが、「ずば抜けた存在なので。将来性、素材、スケールの大きさと。大砲はウチの大きな補強ポイントなので」と説明。坂井オーナー、金本監督とも清宮の1位指名は共通認識であることを口にした。さらに、「相当、指名は重複すること思う。あとは運に任せる。(競合を)承知で決めていますんで」と話し、抽選は覚悟の上で球界の宝を獲得したい意向を示した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)