【DeNA】久保、戦力外も現役続行に強い意欲…高田GM「自由契約になった方がチャンスがある」

2017年10月5日16時3分  スポーツ報知
  • 久保康友

 DeNAは5日、久保康友投手(37)、林昌範投手(34)、小杉陽太投手(31)、小林寛投手(28)、柿田裕太投手(25)、山崎憲晴内野手(30)、下園辰哉外野手(32)の7選手に来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

 久保は今季、7登板で4勝2敗、防御率5・35。若返りを進めるチーム方針もあって、8月8日のヤクルト戦(神宮)を最後に1軍での登板がなかったが、現役続行に強い意欲を示している。高田GMは「久保は自由契約になった方がチャンスがあるという判断をした」と説明。登板機会を求めて新天地を求めることになった。

 そのほか、林、小林、柿田、下園、山崎憲も他球団での現役続行に意欲を示しているが、小杉は今季限りで現役を引退する意向を表明している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ