【日本ハム】大田が15号特大2ラン 追い込み量産8戦4発

2017年10月5日20時29分  スポーツ報知
  • 6回2死三塁、大田が中越え2ランを放った(カメラ・川口 浩)

 ◆西武―日本ハム(5日・メットライフドーム)

 日本ハムの大田泰示外野手(27)が5日、西武戦(メットライフD)で4試合ぶりの15号2ランを放った。これで8戦4発とシーズン最後に本塁打を量産している。

 「3番・左翼」でスタメン出場すると、初回、ウルフから三塁内野安打。2回の第2打席では2死三塁で左翼線へ適時二塁打を放ち「気合です! 食らいついて打ったらヒットになりました」とコメントした。

 そして同点の6回2死三塁、高橋朋のスライダーをとらえ、バックスクリーンへ勝ち越しの特大弾をたたきこんだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)