【DeNA】細川成也、CS秘密兵器だ1軍帯同継続

2017年10月6日7時0分  スポーツ報知
  • DeNA・細川

 3、4日の中日戦(横浜)でプロ初打席アーチを含む2試合連続弾を放ったDeNAのドラフト5位・細川成也外野手(19)が、当初の予定を変更してCSに向けた実戦テストを行うことが5日、分かった。

 “ハマのカブレラ”がCSの秘密兵器に急浮上だ。細川はもともと、チームがCS進出を決めて消化試合となったシーズン最後の2試合限定で1軍に昇格。今後は実戦経験を積むために宮崎フェニックスリーグに参加する方針だった。だが、右の代打が手薄というチーム事情もあり、ラミレス監督が「もうちょっと見てみたい」と1軍帯同の継続を決めた。

 チームは14日に開幕する阪神とのCS第1S(甲子園)に向け、8日から社会人チームとの練習試合3連戦(横浜)で実戦感覚を磨く。JR東日本、JX―ENEOS、東京ガスという社会人トップクラスの投手を相手に結果を出せば、19歳の高卒新人スラッガーがCSでベンチ入りする可能性は十分にある。

 細川は「自分の魅力は長打力。チャンスがあればCSに連れていってもらいたいので、しっかりとアピールしたい」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)