選手会が巨人・山口俊の処分に救済申し立て

2017年10月12日6時30分  スポーツ報知

 日本プロ野球選手会は11日、都内の病院でトラブルを起こした巨人・山口俊投手(30)に球団が下した処分などについて、東京都労働委員会に救済を申し立てた。巨人やNPBが団体交渉に応じないのは「不当労働行為」に当たるとしている。

 選手会は巨人に罰金、減俸処分の再検討や契約年数見直し撤回などを要求し、NPBにも調査や裁定などを求めてきた。巨人とNPBは3日に処分は不当ではないなどと回答したが、選手会関係者は「客観的、具体的な回答がない。全選手に関わる問題」と申し立ての理由を説明した。山口投手は処分に同意している。

 今後は巨人、NPBが答弁書を提出した上で都労委による調査などが行われる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)