【侍U24】日本ハム・堀、唯一高卒新人で侍選出「大変光栄」

2017年10月13日8時0分  スポーツ報知
  • 日本ハム・堀

 日本ハムの近藤健介捕手(24)と松本剛内野手(24)が12日、日本、韓国、台湾による「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日・東京D)の日本代表メンバーに選出され、同級生コンビでの共闘を誓った。また、ドラフト1位左腕・堀瑞輝投手(19)は、12球団の高卒新人では唯一、選ばれた。

 フェニックス・リーグに参加している堀が、2年連続侍ジャパン入りを果たした。広島新庄高3年時の昨年は高校日本代表に選出され、U―18アジア選手権では中継ぎで優勝に貢献。1年目の今季は4試合に登板し、0勝1敗、防御率3・38だったが、最年少で選出された。「プロでの実績が少ない中、昨年のU―18に続いて侍ジャパンに選出していただけたことを大変光栄に思います。チームの勝利に貢献できるように頑張ります」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)