【西武】CS第1Sローテは菊池、十亀に「3つ目は野上」…土肥投手コーチ明言

2017年10月13日7時0分  スポーツ報知
  • CS第1ステージ3戦目先発が決まった西武・野上

 西武は12日、CS第1ステージ(S)の先発ローテーションを決定した。この日メットライフで先発投手練習が行われ、これまでに第1、2戦は菊池、十亀と明言していた土肥投手コーチが「3つ目は野上」と説明した。

 エース・菊池は最多勝(16勝)、最優秀防御率(1・97)の投手2冠を獲得。今季楽天戦は8戦8勝、防御率0・82と抜群の相性を誇り、第1S初戦は則本と投げ合う予定だ。2戦目の十亀も同カードは今季3勝(1敗)、防御率1・78とこちらも好相性。“楽天キラー”の2人をぶつけて勝ちにいく。

 1勝1敗となった場合は、今季自己最多タイの11勝を挙げた野上に託す。9月23日のオリックス戦(メットライフ)ではプロ初完封をマークするなどシーズン終盤で安定感を発揮し、土肥コーチは「終盤の状態の良さだったり、総合的に考えて状態が上がってきている(野上)亮磨に賭けたい」と期待を寄せた。

 右腕はこの日キャッチボールなどで調整。CSでは初先発となるが「(3戦目が)あると思って、初回から全力でいきたい。総力戦になると思うので」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ