【侍U24】広島・薮田が“柳田級”スター成長誓う「当たり前に選ばれるような選手に」

2017年10月13日7時0分  スポーツ報知
  • U―24侍ジャパンに選出されポーズを決める薮田(右)と西川

 U―24侍ジャパンに選出された広島の薮田和樹投手(25)が12日、“柳田級”のスターへの成長を誓った。プロ3年目の今季、15勝3敗で最高勝率(8割3分3厘)のタイトルを獲得し、亜大時代を通じても初めての代表入り。「27歳の頃には、柳田さんと同じくらいの選手になりたいという目標を持っていました。(代表入りは)その第一歩というか、これからは当たり前に選ばれるような選手になりたい」とソフトバンク・柳田への憧れを明かした。

 実は、柳田が無名だった時代からの“ギータ・フリーク”だった。兄が広島商で柳田の後輩だったこともあり「中学の時から憧れていた選手。本当にスター性がある」と背中を追いかけてきた。柳田は27歳シーズンの2015年にトリプルスリーを達成。野手と投手の違いがあるが、薮田は、27歳で超一流の仲間入り、28歳で迎える東京五輪出場という夢を設定している。

 18日のCS最終Sの初戦の先発が有力で、この日はマツダで練習。柳田は右脇腹痛でCS出場は不透明だが、ともに日本シリーズまで勝ち進めば初対戦が実現する可能性がある。ポストシーズンの活躍が、憧れの人に近づく、大きな一歩になるはずだ。(金川 誉)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ