【中日】球団幹部、ゲレーロと決別宣言「まともに一塁まで走らない選手はいらない」

2017年10月14日7時0分  スポーツ報知
  • 中日・ゲレーロ

 中日もアレックス・ゲレーロ内野手(30)に決別宣言だ。球団幹部が13日、退団が決定的な本塁打王に対し「まともに一塁まで走らない選手はいらない」と痛烈発言。すでに金銭面でゲレーロ側が退団やむなしの結論を出しているが、球団も三下り半を突きつけた。

 球団幹部が語気を荒らげた。「いくら35本打っても、何億ももらう選手として足りないことはいっぱいある。おカネを出すから残ってくださいという話ではない」とまで言い切った。球団は単年3億3000万円を提示したとみられるが、本人の希望は各年5億5000万円の3年契約。隔たりは埋めようがない。この日、森監督が名古屋市内で白井オーナーに今季終了を報告。総帥は会見で「ゲレーロは残ることになっとるみたいだな」と発言し、西山球団代表が報道陣に「交渉は終わってない」と弁明するなど火消しに追われた。オーナーの願望とは裏腹に、球団と主砲は事実上のケンカ別れとなった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)