【DeNA】5回に同点打・桑原「気を緩めずまだまだ頑張ります」

2017年10月23日20時22分  スポーツ報知
  • 5回無死二、三塁、桑原は左線に同点の2点二塁打を放つ(カメラ・小梶 亮一)

 ◆セ・クライマックスシリーズ最終S第4戦 広島―DeNA(23日・マツダスタジアム)

 2点を追う5回無死二、三塁で前の打席でも安打を放っている1番・桑原将志外野手(24)が、先発・薮田の1ボール2ストライクからの4球目、真ん中低めのシュートをとらえ、左翼線への走者一掃の2点適時二塁打で同点とした。

 「前の打者がつないでくれたので、自分もつなぐ気持ちで打席に入りました。同点打になりうれしいですが、気を緩めずまだまだ頑張ります」と笑顔だった。

 5回、先頭の8番・ウィーランドが四球を選ぶと、9番・倉本が右翼越えのフェンス直撃の二塁打で二、三塁のチャンスを作っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ