【日本ハム】木田GM補佐が抽選役に くじ引き5連敗中の栗山監督「クビになった」

2017年10月25日20時24分  スポーツ報知
  • 早実・清宮

 日本ハム・木田優夫GM補佐(49)が26日に行われるドラフト会議で1位指名が競合した場合の抽選役を務めることが25日、明らかになった。日本ハムは1位選手を公言していないが早実・清宮の指名が有力視されている。

 13年からくじ引き5連敗中の栗山監督は都内で行われたスカウト会議後、「くじ引かせてもらえないって…。クビになったんでそれがショック。さすがに5連敗…。勘弁してくれと。木田さんが引きます」と苦笑い。模擬抽選箱を作成しくじ引きの練習を行うなど、連敗脱出へ向け必死だっただけに最後まで残念そうな表情を浮かべていた。

 竹田球団社長も2連敗中だけに、これまでに大役を務めた経験のないフレッシュな木田GM補佐に白羽の矢が立ったようだ。

 1986年巨人から1位指名を受けた木田GM補佐は「自分もドラフトされた立場。今は指名する側にいますけど、選手にしたら人生をかけた時間。まじめにやりたい」と表情を引き締めた。くじ運は「微妙」だそうで、験を担ぐことなく自然体で臨むことを強調した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ