【ヤクルト】館山、右肩と右ひじ手術していた 通算9度目

2017年11月9日6時0分  スポーツ報知
  • 館山

 今季未勝利のヤクルト・館山昌平投手(36)が、10月上旬に群馬・館林市内の病院で右肩と右肘の手術を受けていたことが8日、分かった。

 通算9度目の手術で、右肘には2年連続6度目のメスを入れた。シーズン終盤には、周囲に「力が入らない」と話していたという。今季は開幕ローテ入りも、登板わずか2試合。自己ワーストの防御率12・00。来季は3年契約最終年で、進退をかけた1年になりそうだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ