【阪神】金本監督ショック…次代のエース候補・小野が右膝痛で離脱

2017年11月13日6時50分  スポーツ報知
  • 小野泰己投手

 阪神・金本知憲監督(49)は12日、次代のエース候補の離脱に頭を抱えた。小野泰己投手(23)が右膝痛を訴え、秋季キャンプ中の高知・安芸から緊急帰阪。「心配ですよ。全然知らんかったけど、古傷らしい。手術しているんだよね」と不安を隠せなかった。

 小野は休日前の9日ごろから痛みを発症し、13日に精密検査を受けるため離脱が決まった。折尾愛真高時代に手術した部位で、大事を取ったようだ。新人だった今季は2勝7敗、防御率4・35と黒星が先行したが、キレ味鋭い真っすぐは1軍でも十分通用していた。腰痛ですでにキャンプを離れた望月に続き、大きな痛手となった。

 開幕ローテに入りながら、結果を出せなかった藤浪、岩貞、青柳は今キャンプでも試行錯誤を繰り返している。11日の韓国LGとの練習試合後も、指揮官は「岩貞も調子が悪いままだし、青柳も…」と嘆くなか、「小野と才木はスピード、キレもあるし、十分にそこ(ローテ争い)に入っていける」と話していた矢先のリタイア。誤算が多いが、今は軽傷であることを祈るしかない。(表 洋介)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ