来季から導入「リクエスト」制度はほとんどの判定に“拡大”…1試合2回まで

2017年11月14日6時0分  スポーツ報知
  • 来季から導入される「リクエスト」制度で、きわどいプレーが検証されることになる

 プロ野球の理事会、実行委員会が13日、都内で行われ、来季から審判の判定に異議がある場合に、監督が映像によるリプレー検証を求めることができる「リクエスト」制度の導入が決まった。

 米大リーグが2014年に導入した「チャレンジ」制度をもとに、これまで外野フェンスやポール際の打球や本塁でのクロスプレー、併殺崩しの危険なスライディングを禁止するルールの適用などに限定して実施されてきたリプレー検証が、来季からは「チャレンジ」とほぼ同様に、アウト、セーフやフェア、ファウルなどの判定にまで拡大される。ストライク、ボールやハーフスイング、ボークなどの判定を除外するのも、「チャレンジ」とほぼ同じ。リクエストができるのは1試合2回までで、判定が覆った場合はカウントされない。リクエスト回数は9回終了時にリセットされ、延長では新たに1回可能となる。

 抗議時間短縮を目指す側面もあり、大リーグで取り入れたリプレー検証。メジャーでは、映像を見たコーチやスタッフの進言を受けてから監督が「チャレンジ」を申し入れるケースもあるが、「リクエスト」制度では「速やかに球審に(リクエストの)サインを伝達する」としており、映像を確認してから行使したことが発覚した場合、監督は退場処分となるなど、時間短縮への配慮も。大リーグのように専用の映像やスタジオは使わず、球場の審判控室でテレビ中継用の映像で判定する。試合によってテレビカメラの台数が違うだけに、参考映像の数にも差は出てくるだろう。

 5月からNPB内で導入への協議を進めてきた「リプレー検証検討委員会」の江幡秀則委員長(ヤクルト球団専務)は、「『チャレンジ』という挑戦的な表現ではなく、審判とチームが協力して正しい判定を求めるという意味を込めて『リクエスト』(依頼)とした」と、円満な運営に期待した。

 「リクエスト」制度は来春のオープン戦で本拠地球場限定で試験運用し、公式戦開幕から地方球場を含む全試合で導入される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ