【西武】野上がFA権行使…炭谷は行使せず残留

2017年11月14日5時10分  スポーツ報知
  • 野上

 西武の野上亮磨投手(30)が国内FA権を行使することが13日、分かった。渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長が、12日に球団へ連絡があったことを明かした。

 野上は9年目の今季、年間通して先発ローテを守り、自己最多タイの11勝(10敗)、防御率3・63の成績でリーグ2位に貢献した。渡辺SDは「野上も迷ったみたいだけど手を挙げる。残留を含めて他のチームの声を聞きたいんだと思う」と説明した。また、海外FA権を持つ炭谷銀仁朗捕手(30)は権利を行使せず、残留することが決まった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ