【侍ジャパン】稲葉監督に聞く「合宿で一つになれた」

2017年11月14日7時0分  スポーツ報知
  • 就任後初勝利の稲葉監督(左)は上林らを迎える

 ◆練習試合 日本代表6―0西武(13日、宮崎・SOKKENスタジアム)

 「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(16日開幕・東京D)に臨む日本代表が13日、宮崎市内で西武と練習試合を行った。投打がかみ合って6―0と快勝し、稲葉篤紀監督(45)にとって侍ジャパン初勝利。12日の日本ハム戦で3番に座り2安打を放ったソフトバンク・上林誠知外野手(22)がこの日は「5番・右翼」で先発し3打数2安打1打点と存在感を示し、指揮官は本戦3試合全試合で先発起用することを明言した。

 ―合宿を総括して。

 「一つになれたことは非常に大きかった」

 ―戦略面での浸透も進んだか。

 「昨日、今日と点差関係なく送らそうとか、エンドランとかいろんな選手にやってもらったが、みんな普通にこなせた」

 ―7、8、9回の方程式は固定するのか。

 「中継ぎはもう3戦しかないので、勝ちは誰、負けは誰ではなく流れを断ち切っていかないといけない。打者を見ながらどういう投手を行かすべきかも含めて継投はやっていきたい」

 ―9回の山崎康以外は流動的。

 「(8回の軸の)又吉も、ひょっとしたら7回ここ大事な場面でちょっと行ってくれ、というケースも出てくると思う。そこは本人にも伝えてある」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ