【侍ジャパン】稲葉監督、「機動力」「破壊力」2段構えクリーンアップ

2017年11月14日6時0分  スポーツ報知
  • 4回無死、上林は右前安打を放つ

 ◆練習試合 日本代表6―0西武(13日、宮崎・SOKKENスタジアム)

 「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(16日開幕・東京D)に臨む日本代表が13日、宮崎市内で西武と練習試合を行った。投打がかみ合って6―0と快勝し、稲葉篤紀監督(45)にとって侍ジャパン初勝利。12日の日本ハム戦で3番に座り2安打を放ったソフトバンク・上林誠知外野手(22)がこの日は「5番・右翼」で先発し3打数2安打1打点と存在感を示し、指揮官は本戦3試合全試合で先発起用することを明言した。

 稲葉監督が“2ウェー・クリーンアップ”を提唱した。本大会では打線の核となる4番を山川で固定し、前後を上林と近藤健に任せると明言。12日の日本ハムとの練習試合では上林が3番、この日の西武戦では近藤健が3番を務めたが「山川と近藤がそんなに足が速くない中で3、4番に置くのか、4、5番で並べるか。1、2番が誰かによってそこは変わってくる」と指揮官は説明した。2番は源田で固定となる見込みで、実質はリードオフマンによって3番が決まってくる。

 1番が京田ならば、ともに足を使える“京源”コンビの小技で揺さぶり、2人とも出塁すればバントもうまい上林が3番に座ることになる。長打も狙える西川ならば、源田に手堅く送らせ、続く“幻の4割打者”近藤健で走者をかえす。万能性の高い選手がそろうこの代表だからこそ描ける複数のパターン。「(大会まで)あと2日間でいろんなことを想定しながら考えていきたい」とうれしい悲鳴を上げた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ