【日本ハム】中田、FA権行使せず残留「ふがいない成績でチームを去ることは出来ない」

2017年11月14日16時29分  スポーツ報知
  • 残留を表明した日本ハムの中田

 日本ハムの中田翔内野手(28)が14日、札幌市内の球団事務所で会見を行い、今季取得した国内FA権を行使せず残留することを表明した。

 「本当にこの期間を有意義に過ごせましたし、球団の方と色々な話も出来ました。その中で最終的には家族としっかり話をしてこういう決断をしたので、すっきりというか、また一からやらなければいけないなという気持ちです」と話した。

 今季は開幕前の3月に侍ジャパンの主軸として第4回WBCに出場したが、シーズンでは4月に右足内転筋の筋挫傷で出場選手登録を抹消されるなど、打率2割1分6厘、16本塁打、67打点だった。それだけに、「ふがいない成績でチームを去ることは出来ないと思った。来シーズン結果を残して、チーム一丸となって優勝、日本一を目指してやるだけ。とにかく勝ちたい」と雪辱を誓った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ