【トライアウト】2005年楽天ドラ1・片山、打者4人1安打2奪三振1四球「楽しんでいる自分がいました」

2017年11月15日12時32分  スポーツ報知

  ◆プロ野球12球団合同トライアウト(15日・マツダ)

 2005年の楽天ドラフト1位入団の前楽天・片山博視投手(30)は、打者4人を1安打2奪三振1四球。「フォアボールを出したけど冷静に楽しんでいる自分がいました」。

 前巨人・川相拓也内野手(27)に四球を与え、前ヤクルト・榎本葵外野手(25)に中前安打を浴びたが、チームメートだった前楽天・福田将儀外野手(25)、前巨人・松崎啄也捕手(25)を2者連続空振り三振に斬った。

 今シーズン前に左肘の手術を行い、今季は実践登板はなし。192センチの長身サウスポーは「肘ももってくれた。最速134キロは必死でした。もうちょっと出て欲しかったけど、この状態で投げられたのでよかったです。あとは待つだけです」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ