【トライアウト】前DeNA・林昌範は打者4人に3安打1四球「悔いなく腕を振ることだけやりたかった」

2017年11月15日14時13分  スポーツ報知
  • 前DeNA・林は3安打1四球にがっくり(カメラ・小梶 亮一)

 ◆プロ野球12球団合同トライアウト(15日・マツダ)

 前DeNAの林昌範投手(34)は、打者4人を3安打1四球。「とにかく悔いなく腕を振ることだけをやりたかった。ずっとモヤモヤしてる気持ちがあった。今はスッキリしています」。

 前西武・田代将太郎外野手(27)には右前安打、前ヤクルト・原泉外野手(25)には中前安打を浴びると、前オリックス・奥浪鏡内野手(22)には四球を与え、前西武・木村昇吾内野手(37)に左越え二塁打を浴びた。

 2001年ドラフト7巡目で巨人に入団した林は、08年オフには日本ハムへトレード移籍。11年限りで戦力外通告を受け、12年からDeNAの一員となった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ