【ヤクルト】ジュリアスと新たに育成契約「しっかり体を作って頑張りたい」

2017年11月24日16時2分  スポーツ報知
  • 左肘の手術痕を見せるジュリアス

 ヤクルト・ジュリアス投手(20)が24日、埼玉・戸田市内の球団寮で契約更改に臨み、新たに育成契約を結んだ。80万円減の400万円でサイン。背番号は「48」から「119」に変更させる。今オフ、一度は戦力外通告を受けた左腕。「育成でも契約をしていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです」と頭を下げた。

 2年目の今季は、5月上旬に左肘じん帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けた影響で登板なし。来季からは育成選手として再出発することが決まった。昨年には左肘のクリーニング手術を受けており、2年連続で患部にメスを入れた。「投げられない悔しさと、チームに何も貢献できない申し訳なさがありました。2年間投げられていないですし、後がない。(来季は)まずは投げられないと話にならないので、しっかり体を作って頑張りたいです」と力を込めた。

 現在、リハビリは順調に消化中。キャッチボールは約40メートルまで距離を伸ばしている。実戦復帰は来年の5~6月を予定しており、その後、支配下復帰を目指す。(金額は推定)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)