【阪神】岩田が30万円寄付…1型糖尿病研究基金として「日本IDDMネットワーク」に

2017年11月26日7時0分  スポーツ報知
  • 岩田がゴールデンスピリット賞を受賞した喜びを本紙を手に報告する日本IDDMネットワーク理事長・井上龍夫氏(左)

 阪神・岩田稔投手(34)が25日、1型糖尿病研究基金として、NPO法人「日本IDDMネットワーク」に、今季の3勝にちなみ30万円を寄付した。自身も1型糖尿病患者で、2009年から1勝につき10万円を寄付。著書やグッズ売り上げの一部を含め、寄付の総額は472万円になるが、「去年(0勝)、今年と少ないなと。もっと(寄付)したいです」と抱負を語った。

 社会貢献活動を表彰する報知新聞社制定「ゴールデンスピリット賞」の受賞が決まり、12月には表彰式も控える左腕は、「1型糖尿病患者でプロ野球選手は僕だけなので、自分は絶対に崩れられない」と、更なる活躍を誓っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)