【日本ハム】榎下が現役引退、球団職員へ転身「ファンのご声援は僕の宝物」

2017年11月26日12時34分  スポーツ報知

 日本ハムの榎下陽大投手(29)が26日、札幌Dで行われたファンフェスティバルで今季限りで現役を引退し、球団職員に転身することを発表した。発表後に同級生の斎藤佑樹投手(29)から花束を受け取り、ファンの前であいさつした。

 「球団関係者の皆様、このような場を設けて頂き、ありがとうございます。ファンの皆様、7年間いつも素晴らしいご声援をありがとうございました。ファイターズでプレーすることが出来て、幸せでした。ファンの皆様のご声援は、僕の宝物です。一生、忘れることはありません。そして、いつも僕をそばで支えてくれた妻、いつも僕を笑顔にさせてくれた娘、本当にありがとう。鹿児島にいるお父さん、お母さん、23年間大好きな野球をさせてくれてありがとう。来年からファイターズの球団職員として働かせて頂きます。これからもファイターズのために精いっぱい頑張っていきます。苦しいことの方が多かった野球人生でしたが、一生懸命やってきてよかったなと心から思います。7年間本当にありがとうございました」と話し、最後は5度仲間から胴上げされた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ