【ヤクルト】バレンティン、来季約3億3400万円プラス出来高の単年契約「より良い野球を皆さんにお見せできるよう」

2017年11月29日12時42分  スポーツ報知
  • バレンティン

 ヤクルトは29日、ウラディミール・バレンティン外野手(33)と来季の契約について基本合意したことを発表。今季の年俸が325万ドル(約3億6200万円)だったことが判明し、来季は25万ドルダウンの300万ドル(約3億3400万円)プラス出来高の単年契約で新たに契約を結んだ。

 来日7年目の今季は、125試合に出場し、打率2割5分4厘。6月上旬には右太もも裏の肉離れで離脱したが、チームトップの32本塁打、80打点をマークした。出来高には今季に引き続き、打撃だけではなく守備に関する条項も盛り込まれた。

 バレンティンは球団を通じ、「熱望していたスワローズで引き続きプレー出来ることに、まずは全ての東京ヤクルトスワローズファンの皆さんに感謝します。来シーズンもこのチームでチームメイトたちと改めてプレー出来ることを大変うれしく思っています。チームメイトと必死にプレーし、より良い野球を皆さんにお見せできるよう頑張ります」とコメントした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)