【ヤクルト】バレンティン3億3400万円で契約&退場したらNPBとは別に“罰金”

2017年11月30日6時30分  スポーツ報知
  • 5月、審判に激しく詰め寄り退場となったバレンティン

 ヤクルトは29日、ウラディミール・バレンティン外野手(33)と来季契約について基本合意したと発表した。今季年俸が325万ドル(約3億6200万円)だったことが判明し、来季は25万ドル減の300万ドル(約3億3400万円)プラス出来高の単年契約で新たにサイン。書面には球団史上初めて“退場禁止”事項が明記された。

 今季は125試合に出場し、打率2割5分4厘。チームトップの32本塁打、80打点を記録する一方で、3度の退場処分を受けた。4月4日の阪神戦(京セラD)では、藤浪の畠山への死球をめぐって大乱闘が発生。阪神・矢野作戦兼バッテリーコーチとともに退場処分となる一件もあった。

 退場はそのほとんどのケースで制裁金が生じる。シーズン2度以上の退場処分を受けた選手は出場停止となり、バレも今季5月と10月に計2試合科された。この事態を重く見た球団は来季、退場となった場合はNPBとは別に“罰金”を徴収する方針を固めた。奥村国際グループ担当部長は「ルールの中で野球をやらないと。みんなが見ているんだし、お手本になる選手にならないといけない」と説明。NPBからは10~20万円程度が請求されることが多いが、同等では済まないという。

 来季は助っ人では異例の在籍8年目。背番号4は球団を通じ、「チームメートと必死にプレーし、より良い野球を皆さんにお見せできるよう頑張ります」とコメントした。チームとともに、生まれ変わる。(中村 晃大)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)