【阪神】谷本球団常務、大和から退団の連絡入ったこと明かす「若い選手が我こそポスト大和だと頑張れば」

2017年11月30日14時8分  スポーツ報知
  • 大和

 阪神・谷本修球団常務(53)は30日、国内FA権を行使した大和内野手(30)から退団の旨を伝える連絡が入ったことを明かした。29日の深夜に「他球団でお世話になることを決めました」と報告を受けた。「みなさんご想像の通り、守備も含め、球界でも貴重な選手。非常に残念ではありますけど、本人が決めたことですので、新天地で頑張って欲しい」とエールを送った。

 球団は最大4年の複数年契約を提示し、残留交渉を行ってきたが、出場機会を求める大和は移籍の道を選んだ。谷本常務は「若い選手がチャンスだと思って、『我こそがポスト大和だ』と頑張ってくれれば、チームの底上げにつながっていく」と若手の奮起を願っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ