【ヤクルト】西浦、300万円減の1700万円「レギュラーを取れず悔しいシーズン」

2017年12月8日15時53分  スポーツ報知
  • 契約更改後、報道陣に対応する西浦

 ヤクルト・西浦直亨内野手(26)が8日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万円減の1700万円でサイン。「レギュラーを取りにいく年でうまくいかず、悔しいシーズンでした。特に打撃で数字を残せなかったことが大きいと思います」と唇をかんだ。

 昨季は72試合で打率2割5分5厘、7本塁打、28打点。自己最高の成績を残し、首脳陣の期待は高かったが、今季は72試合で打率2割8厘、8打点に終わった。「メンタルが(成績を)左右すると感じました。精神的にブレないものを持てるようにしたい」と力を込めた。

 小川監督は、今秋キャンプのMVPに上田とともに西浦を選んだ。来季から4年ぶりに復活するキャプテン候補にまで指名。正遊撃手の大引、若手の広岡、奥村らとのレギュラー争いに注目が集める。「春季キャンプから『レギュラーを取る』という気持ちを前面に出してやっていこうと思います。『この一打席で野球人生が終わる』と思うくらい、一打席、一打席を大事に重ねたいです」と話した。(金額は推定)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ