【オリックス】駿太から後藤へ来季登録名変更 !結婚発表で「心機一転」

2017年12月20日6時0分  スポーツ報知
  • ドレス姿の夫人が写った結婚式の写真を手にする駿太

 オリックスの駿太外野手(24)が19日、結婚していたことを発表した。お相手は知人の紹介で知り合ったという兵庫出身の美紀さん(26)で、16日に神戸市内で挙式披露宴を行った。夫人の何事にもポジティブな所に惹かれたといい「どんな時も前向きに答えてくれる。精神的にもサポートしてもらっています」と感謝した。料理上手で特にパン入りの特製ハンバーグは絶品だという。「リクエストするときはいつもハンバーグ」とイケメン外野手の“勝負メシ”にもなっているという。

 夫人に野球に関する相談をすることもあるそうだが「振り返るといつも『好きなことを仕事にできているのはどれだけ幸せなことか、悩んでいる時間がもったいないよ』という言葉をかけてくれます。僕を野球選手と思っていないというか、1人の人間として話してくれるんです」と駿太。もともと悩みやすい性格でもあるため、夫人の前向きさにはこれまで何度も助けられてきたそうだ。

 また来季から登録名を「駿太」から「後藤」に変更することも発表した。既に子どももいることから「後藤家を背負って、心機一転頑張ろうかなと思いました」と理由を説明。しかし2010年の入団以来7年間、ファンからの呼び方や応援歌などでも、名前を使われてきたことから「ファンの方は引き続き『駿太』って呼んでもらえたらうれしいです」と呼びかけた。

 高い守備力が持ち味で、今季は129試合に出場した。しかし規定打席には到達できず、納得のいく成績を残すことはかなわなかった。「家族もできたので、より一層責任を持って頑張りたい」と守るべき存在のためにも来季の定位置奪取を目指す。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ