【12球団番記者が振り返る・DeNA】短期決戦で采配一変

2017年12月31日15時30分  スポーツ報知
  • DeNA・ラミレス監督(左)

 かたくななまでにスタメンを固定し、投手継投もパターン化。2年連続の3位に入ったが、ラミレス監督の采配は選手任せにも見えた。だが、短期決戦になった途端にそれが一変した。

 今永、浜口ら先発陣のリリーフ起用に、マシンガン継投、早めの代打投入―。失うものがない強みで、積極タクトを振りまくった。CSでは阪神との第1Sで“世紀の泥試合”を制した勢いも味方につけ、阪神、広島と連破。日本シリーズでも2勝を挙げた戦いぶりは、セの他球団に大きな脅威を与えたはずだ。

 もちろん、勢いだけでリーグ優勝はできない。それでも、日本シリーズを終えたラミレス監督は、「得るものが多かった」と不敵に笑っていた。徹底したデータ分析に基づく堅実タクトに、ポストシーズンで見せた新たな一面。硬軟織り交ぜた采配が期待できる来季の戦いぶりが、今から楽しみで仕方がない。(片岡 泰彦)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)