【DeNA】ドラ6寺田、2日連続最下位からの下克上

2018年1月10日6時0分  スポーツ報知
  • 山上りトレーニングを行った寺田

 DeNAのドラフト6位・寺田光輝投手(26)=BC石川=が9日、2日連続最下位からの下克上を宣言した。

 新人合同トレ2日目。寺田は、恒例の山上りで横須賀市内のベイスターズ球場から約2.2キロの山頂まで走ったが9人中最下位。先頭から3分遅れでゴールした新人最年長右腕はすぐさま「待たせてゴメン!」と、年下の同期たちに謝った。前日(8日)の3000メートル走でも2周遅れのビリ。「もともとスタミナは…。短い距離、投げることは負けない」と苦笑いだった。

 偏差値66の進学校、伊勢高出身で地元・三重大に進学も2か月で休学。一時期は三重大医学部を目指したが、野球への夢を諦めきれず。野球のレベルの高い環境を求めて、2浪して筑波大へ進んだ。浪人中にすし店「スシロー」のアルバイトで学費を稼いだ。「ネタの解凍とか仕込みをしていました」。筑波大では野球部に入るもプロは遠く、地元企業から内定をもらった。

 それでも未練を捨てきれず、BCリーグ・石川に入団すると腕をサイドまで下げた。昨季は元日本ハム・武田勝コーチに股関節の使い方を習い最速は146キロまで伸びスライダーと合わせプロレベルまで実力をつけた。「変則のフォームを武器に2年以内に結果を出す」と気合十分。スシネタの解凍を経て目指すはプロでの快投だ。(岸 慎也)

 ◆寺田 光輝(てらだ・こうき)1992年1月5日、三重県出身、26歳。伊勢高から三重大に進むも退学し、筑波大へ。卒業後2015年ドラフト3位でBCリーグの石川に入団。1年目から抑えとして活躍し、17年ドラフト6位でDeNA入団。175センチ、73キロ。右投右打。独身。年俸600万円。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)