【ソフトバンク】ドラ3増田、新興メーカー「blueeq」全国区化誓う

2018年1月11日6時30分  スポーツ報知
  • 新人選手合同自主トレで、元気よく守備練習を行なった増田(左奥から砂川、吉住)(カメラ・岩下 翔太)

 ソフトバンクのドラフト3位・増田珠内野手(18)=横浜高=が“広告塔”になる。10日、福岡・筑後市で始まった新人合同自主トレに参加。知人の紹介が縁で野球界の契約選手1号となった「blueeq(ブルイク)」のバットとグラブを手に「活躍することで人気も広がる。大黒柱になりたい」と活躍を誓った。

 「ブルイク」はスポーツバッグのデザイン、生産をメイン事業にしているイーキュージャパン社のブランド。スタンドアップパドルサーフィンの日本女王で世界大会4位入賞実績のある佐藤優夏と契約を結んでいるが、野球事業に本格参入するのは今年からだ。

 野球界ではヤクルト・山田が「Donaiya(ドナイヤ)」のグラブを使用して全国区にした例もある。増田は「使ってみたいと言われるような選手になりたい」。プロ入りを機に外野から内野に挑戦するルーキーが“新ブランド”と二人三脚で一流選手を目指す。(戸田 和彦)

 ◆増田 珠(ますだ・しゅう)1999年5月21日、長崎市生まれ。18歳。横浜高では2年夏、3年夏に甲子園出場。高校通算33本塁打。U18W杯で日本代表入り。180センチ、82キロ。右投右打。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)