【ロッテ】新人合同自主トレがスタート、井口監督がドラ1安田らに訓示「明確な目標を立てて」 

2018年1月12日10時59分  スポーツ報知
  • 新人合同自主トレに参加したロッテのドラフト1位・安田

 ロッテの井口資仁監督(43)が12日、さいたま市内のロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレ初日の視察に訪れ、ルーキー8選手の前で山室球団社長とともに訓示を行った。

 井口監督は「まずは明確な目標を自分で立ててほしい。1軍でやりたい、何試合出る、何本打つ、何割打つ、そういう明確な目標を持ってやってもらいたい。シーズンが始まったら70人の支配下(選手)のうち、25人しかベンチに入れない。(キャンプインの)2月1日からシート打撃を始める。そこからチーム内の競争は激しくなる。この新人合同自主トレで体力、技術をつけて2月1日、ほぼ100%に近い技術を出せるように、まずは、けがをしないようにね。1年間みんなの力でチームを盛り上げてほしい」と語ると、ドラフト1位・安田=履正社=らは真剣な表情で聞き入っていた。

 山室球団社長は「皆さんが子どもの頃に憧れていた選手。多くの人に感動を与えられるような選手になってください。即戦力として活躍が期待されている人もいますけども、我々は『育成で勝つ』ということでプロ野球選手としての基礎を学んで、プレーだけでなく、いろんな面でも模範となるような、ロッテを代表するような、球界を代表するような人格スタープレーヤー、素晴らしい人格を持った選手になってもらいたいと思います」と期待を寄せた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ