2段モーション、プロ野球は走者いてもボーク取らず

2018年1月13日7時0分  スポーツ報知

 日本野球機構の井野修審判技術委員長は12日、委員を務めるプロ、アマ合同規則委員会で11日にルール改正が決まった2段モーションについて、プロ野球は走者がいる場合でもボークを取らないと明言した。走者の有無にかかわらずボークを取らないことになる。「(プロやアマの)団体によって解釈が違う。アマにも理解してもらっている」と語った。11日の合同規則委員会後には全日本野球協会の中本尚アマチュア規則委員長とともに報道陣の取材に対し「走者がいる場合は従来通り、ボークを宣告する」と説明するなど混乱があったが、修正した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ