【東京ドーム30年】こけら落としは“雨天快適”ゲームだった…巨人・阪神オープン戦

2018年2月10日9時0分  スポーツ報知
  • 1988年3月19日付報知新聞1面

 日本初の全天候型多目的スタジアム、東京ドーム(東京・文京区後楽)が今年30周年を迎える。1988年3月17日にオープニングセレモニーが行われ、翌18日に巨人・阪神のオープン戦がこけら落としイベントとなった。今年は巨人の宮崎キャンプが60年、夏の甲子園(全国高校野球選手権)が100回大会と節目が重なるが、東京ドームもメモリアルイヤーだった。その30年の歴史をスポーツ報知の紙面で振り返る。

 ◆1988年3月19日付1面

 1988年3月17日にオープニングセレモニーが行われ、翌18日に巨人・阪神のオープン戦がこけら落としイベントとなった。試合は9―4で巨人が勝利した。記念すべきドーム第1号は吉村が2回にソロを決め、第1号ホームラン賞として100万円を獲得。ほかにも蓑田が5回に2ラン、6回にクロマティがソロを放ち、先発の桑田が勝利投手となった。翌19日付の報知新聞は、「巨人 祝砲3発 球史に1勝」「開幕『ドーム』吉村熱狂1号」「攻撃野球には絶好の新舞台」「勝利投手はエッヘン 桑田だ」の見出しが並んだ。

 さらに「5万6千大観衆 雨の東京快適ショー」という見出しもある。そう、この日は雨だったのだ。日本初の全天候型多目的スタジアムということを印象づける雨天となった。スタンドを写した写真の説明にはこうある。「外は冷雨。ドーム内は初夏の暑さ。晴れ着姿のお嬢さんもたくさんいて、まるで劇場ムード」。ドーム球場の強みを紹介するには、願ってもない雨エピソードだったが、記事はそれよりも巨人の強さとドーム野球の面白さを中心に書かれていた。

 この日はさらに、ネタが盛りだくさんで、試合前には、前年に引退した江川卓氏の引退セレモニーが行われた。マウンドから江川氏が投球し、ライバルの阪神・掛布が空振りするという豪華ショー。元祖“怪物”がドームの記念すべき第1球を投じたのだった。この様子は最終面で伝えられ「江川さらば」「惜別第1球 念願のドーム球場で引退セレモニー」「男の友情だ 掛布空振り」との見出しが躍った。この日は3枚ぐらい1面が必要な日だった。江川卓氏の引退セレモニーは次週で。(資料探偵・酒井 隆之)=毎週土曜日午前9時に配信=

東京ドーム30年
  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)