【楽天】侍ジャパン稲葉監督が藤平に熱視線「今後、楽しみだなという印象」

2018年2月9日20時0分  スポーツ報知
  • ブルペンで投げ込む藤平。侍ジャパン・稲葉監督から高評価を得た

 侍ジャパン・稲葉篤紀監督(45)が9日、楽天の沖縄・久米島キャンプを視察し、プロ2年目の藤平尚真投手(19)に熱視線を送った。

 ブルペンへ向かった稲葉監督は藤平の投球練習を約30分間見つめた。昨季は高卒1年目ながら3勝4敗、防御率2・28の成績をマークした右腕を「非常にいい球を投げていました。彼の中で、成長段階ではあると思いますけど、非常にいい真っすぐを投げていましたのでね。これから多分、色んな球種も覚えていきながら成長していくと思います。今後、楽しみだなという印象です」と評価した。

 これまで15歳以下、18歳以下の日本代表に選出され、日の丸を背負ってきた19歳は「自分も日本代表に入りたいという気持ちは強いですし、近くで則本さんや松井さんなどが活躍しているので、そこに続いていけるように頑張っていきたいです。後ろから見ているなと言うのは感じました。もう少しいいところをアピールしたかったけど、アピールしたいという気持ちが強すぎて空回りしてしまいました」と少し悔しそうだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)