【日本ハム】右肩炎症の有原、状態は「トレーナーさんに聞いて下さい」

2018年2月14日18時26分  スポーツ報知
  • キャッチボールを再開した日本ハム・有原

 【スコッツデール(米アリゾナ州)】米アリゾナキャンプで右肩炎症のためノースロー調整していた、日本ハム・有原航平投手(25)が13日(日本時間14日)キャッチボールを再開した。

 約20メートルの距離で、トレーナーを相手に軽く腕を振って様子を確かめた。2日(日本時間3日)に診断を受け、米国は投球を再開しない予定だったが復帰プランを早めた形。右腕は「(状態は)普通。トレーナーさんに聞いて下さい」と多くを語らず、谷ヘッドトレーナーは「(今後は)体調を見ながら」と慎重な姿勢を崩さなかった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)