【西武】山川、シート打撃で今季1号「普通に打ったっす」幸運の女神来訪に燃えた!?

2018年2月15日6時0分  スポーツ報知
  • タレントのホームランなみち(右)に打撃指導をする山川

 まさに、ホームランを呼ぶ女神だ―。西武の山川穂高内野手(26)が第3クール最終日の14日、タレントのホームランなみち(28)が訪れるなかで実戦形式“第1号”を放った。

 南郷キャンプのシート打撃でドラフト3位・伊藤=四国IL徳島=の直球を左翼中段へ運び「感触は良かった。普通に打ったっす。当たってくれて良かった」。今キャンプのシート打撃6打席目で一発が飛び出した。気温は15度。「今日は暖かかったので、朝からバットを振り回しました」と早出から特打も敢行し、特打でも左翼上段へと運んだ。

 ホームランなみちは、野球選手のスイングのものまね「まねスイング」で有名だ。昨季9月10日の日本ハム戦(メットライフ)、始球式の打席で浅村の豪快スイングのものまねを披露。その日、山川を含む3人が本塁打を放ち、ヒーローインタビューでは山川と“共演”。「ホームランを呼ぶ女」となっていた。

 練習後には、山川がホームランなみちにスイングを直接指導して“恩返し”。今季もホームランなみちは本拠地での試合に登場予定だ。“女神”来訪の際は、山川の打席に注目しよう。(小林 圭太)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)